節分の由来って知ってます?行事で一番有名な豆まきあれこれ

スポンサーリンク
2月 節分 豆まき イベント
スポンサーリンク

2月はイベントや行事がたくさんある時期です。

そのなかでも、日本で古くから行われている“伝統行事”といえば、

「節分」ですね。

 

「節分」の由来は、

「季節を分ける」

を意味し、

『季節が始まる日の前日の日のこと』を言います。

江戸時代以降は立春(2月4日)の前の日(つまり2月3日)を「節分」といい、

年に一回の訪れるその日のことを「節分」と諸説ありますが

言われるようになったといわれています。

 

季節の変わり目には、厄(くるしみ。災難。「不慮の厄にあう」「災厄・厄介・厄年(やくどし)・厄日(やくび)・厄落し」。厄年のこと。)が入りやすいと言われ、邪気を追い払い、

福や運を招き入れるために、「鬼は外、福は内」と掛け声をかけ追い払おうとします。

スポンサーリンク
広告

「鬼踊り」

わたしの以前住んでいたところでは、「鬼踊り」本成寺鬼踊り/三条市という名前で一大イベントになっていました。

なかなか歴史があり、全国的にもこれだけの「鬼踊り」は」珍しいのではないでしょうか?

(思わず見いってしまいますよ)

テレビではその時期になると、芸能人・スポーツ選手等の有名人が

「豆まき」をしているニュースをよく見かけ、

「節分に豆をまくのはあたりまえ」と思っていました。

全国的には“豆(大豆)”をまくのがほとんどなのですが、

日本の各地区により「節分」に行うことは異なるようです。

北海道・東北地方・信越地方の豆まき

北海道・東北地方・信越地方では“落花生”をまく地域も多く、

一節には「雪に埋もれないように」と言う理由から落花生になった説があります。

青森県八戸市の三嶋神社

八戸三嶋神社HPへようこそ

では、落花生と合わせて、なんと!!みかん、お菓子ならまだわかりますが、

なんと!!

「ちくわ」

をまくそうです。

何故なのでしょうか?

神奈川県の箱根神社(芦ノ湖)の鬼

神奈川県の箱根神社(芦ノ湖)では、鬼が水上スキーで逃げ回るという、

なんとも現代風の「鬼踊り」ならぬ「鬼水上スキー(追儺式と言うそうです)」

もあり、ちなみに芦ノ湖は日本での水上スキー発祥の地という事で、

この地区ならではの祭りですね。毎年多くの観光客で賑わいを見せているようです。

最近、外国人観光客も増えていますので、

外国人にとっても珍しい風景に映るのではないでしょうか?

 

狭いようで広い日本。様々な「節分祭り」「豆まき」「鬼踊り」があります。

実際に行ってみて、雰囲気を味わったり、

各地の風習を調べてみるのも面白いですね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました